非常に効率のいい散気管
2020年9月30日

スクラバーの効果と新規導入

有害ガスや排ガスを処理して、外部に放出できるようにするのがスクラバーと呼ばれる装置です。排ガス処理装置とも呼ばれ、日本でも様々なスクラバーが製造されています。工場で排ガスが発生した場合、そのまま外に放出すると、近隣地域に迷惑がかかります。環境問題に発展するケースもあるため注意が必要です。

工場での排ガス対策が不十分だと、職場環境が悪化して健康被害や生産性の低下など様々なトラブルが発生するリスクが高くなります。スクラバーを用いて排ガスの処理をする行為は、工場にとって重要な課題です。排ガスの種類を各工場ごとに把握していれば、必要な排ガス対策を立てられます。工場の製造ラインから出る排ガスに対しては、有効な排ガス処理を行う必要があります。

工場が取り扱っている製品や製造の方法によって、排出されるガスの種類が異なります。製薬会社では強い臭気が発生する場合があり、臭いによっては近隣地域に迷惑がかかります。スクラバーは臭気物質を除去できるので、製薬会社の排ガス対策にも利用できます。化学工場でも製造する製品により、様々な臭気物質や有害物質が発生します。

有害ガスは健康被害の原因になるため、化学工場からの排ガスに対応できるスクラバーは重宝されます。最近注目されているのが、水膜形成によって排ガスを処理できるタイプです。水膜をスクリーンに形成し、微細な粉塵や臭いを捕捉できます。カートリッジ式スクリーンを採用している場合は、メンテナンスが楽でコストも大幅に削減できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です