非常に効率のいい散気管
2020年10月6日

環境の改善に役立つスクラバー

国内には多くの工場があり、中には排ガスなどによって工場内や工場周辺の環境が悪化しているケースもあります。工場の排ガスから汚染物質や粉塵を取り除いてくれるのがスクラバーと呼ばれる排ガス処理装置です。細長い筒状の排ガス処理装置が多いので、洗浄塔と呼ぶ人もいます。食品工場や化学工場から出る排ガスには、汚染物質や有毒ガス、臭気のある物質が含まれるケースがあります。

汚染物質を外部に放出すると、工場周辺に住む人々にも迷惑をかけてしまいます。排気ガスは大気汚染にもつながるため、環境的な問題も出てきます。最近は環境に配慮してスクラバーを導入している会社が増えています。スクラバーには大きく分けて湿式タイプと乾式タイプがあります。

湿式タイプは塔内に排気ガスを通し、様々な汚染物質を取り除きます。排ガスと水、薬液を混合して汚染物質を取り除くタイプもあります。水で汚染物質を洗い流し、排ガスを浄化できます。乾式タイプは処理したい排ガスの種類によってフィルターを選択します。

フィルターがカートリッジ式になっているタイプなら、簡単に交換ができます。乾式タイプでは、活性炭などのフィルターに通して排ガスを処理します。臭気のあるガスや水に溶けにくいガスに有効で、吸着剤を選べるので効率的に汚染物質を除去できます。湿式タイプと乾式タイプにはそれぞれメリットとデメリットがあるので、工場の排気ガスに適した種類やタイプを選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です