非常に効率のいい散気管
2020年10月9日

スクラバー導入の注意点

排出ガス規制に十分対応できる性能が高い排ガス処理装置であるスクラバーは、いろいろなタイプが製造されるようになりました。研究施設や化学工場、下水処理場などそれぞれの基準をクリアすることができる装置はあらゆる排気処理にも対応できるようにつくられているため安心して設置できます。有害なガスを除去できるスクラバーに湿式が増えていますが、よりコンパクトで使いやすい装置が多くなっています。メンテナンスのしやすさが格段に向上していますし、汎用性の高さからいっても古いタイプを使い続けるよりも新調したほうが、将来的なコストダウンにつながるでしょう。

装置自体の省エネにより、より環境を守ることにもつながります。スマートで屋内にも安心して設置できるタイプが増えていて、カートリッジ式フィルタータイプがメンテナンスをしやすくしています。余り操作に慣れていない人でも直感的に操作できるような装置が増えていますが、だからこそ誤った操作をしないように注意することも必要です。施設を24時間稼働させる必要性がある場所では、設置するスクラバーも長期無停止運転ができる装置を導入すれば省エネルギー化をより促進させることができるでしょう。

高性能でコンパクトだととても便利ですが、処理風量などをしっかりとチェックして使用する施設にピッタリなスクラバーを選ばなければ、きちんとした排気処理ができません。働くスタッフのみならず、周辺地域にまで迷惑をかけることになるから、的確に対応できる機種の導入を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です