非常に効率のいい散気管
2020年10月12日

スクラバーを船舶に整備するメリット

スクラバーとは排ガス洗浄装置であり、工業的な排出元からの有害ガスや、ばいじん粒子を吸着し水洗や薬液中和処理を行うことにより待機に安全に放出する役割を持っています。2020年までにはコンテナ船体の10%に装備されると予測されており、世界的に環境保護規制の厳格化が進む中で海運業界で注目されるようになっています。実際ににスクラバーを装備した船舶では、価格の高い低硫黄燃料を利用せずともIMO規制を満たした上で運行することが出来る特徴を持ちます。そのため硫黄分規制に伴う運営コストが増加することを軽減させ、競合他社に先駆けて成功することができれば、市場シェアを急拡大させることが出来ると考えられています。

過去には海運会社の多くがスクラバー発注に慎重姿勢を見せており、これは新船へ装備するためには200万~300万ドルかかるといわれている投資額が影響していました。しかし搭載することによってコスト面が優位であることがわかってからは、装備に踏み込む新船が増えてきている傾向にあります。実際に低硫黄と高硫黄の間にある価格差は、1トンあたり約250ドルへと上昇している中で、スクラバーを装備した船舶のみがビジネス的に改善傾向にあることがわかっており、燃焼価格の変動や予測の困難さはオペレーターにとっても悩みの種であったことから、長期的な視点で最も実現可能であり持続可能な選択肢として、スクラバー設置により安価で入手もしやすいC重油を引き続き使用が可能になるメリットが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です