非常に効率のいい散気管
2020年10月15日

湿式と乾式のスクラバー

化学工場や食品工場などから排出される有害ガスから粉塵を取り除くことができるスクラバーには、湿式と乾式があります。どちらも塔のような筒状なので洗浄塔とも言われます。湿式についてくわしく説明しましょう。この形式のものは噴射した水か薬液排ガスを通すことによって洗浄します。

一方、乾式は吸着性が高い活性炭またフィルターにガスを通します。それぞれメリットとデメリットがありますから、状況に応じて使い分けてください。湿式スクラバーには充填塔式と無充填塔式があるんですが、前者は内部に充填材が敷かれていてその上にシャワーをかけられる構造になっています。専用のファンによってガスを内部に通し充填材を通します。

後者は充填材を使用しないせずガスと洗浄液を気液接触させるものです。ブロワーを使ってガスを内部に取り込んで水と接触させるといった形です。洗浄されてキレイになったガスは外部に放出します。化学工場や食品工場、それから実験室や飲食店などで用いられるスクラバーですが、この装置で処理する排ガスのタイプは色々です。

そのガスに合ったフィルターを選ぶ必要があります。フィルターがカートリッジになっているものは交換の仕方が簡単です。最後に船の排ガスとスクラバーについて話します。工場だけでなく船からも有害性が強いため規制されている硫黄酸化物などが含まれているガスが発生します。

湿式や乾式のスクラバーで硫黄酸化物も洗浄することは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です