非常に効率のいい散気管
2020年10月21日

排ガス削減効果に期待ができるスクラバーの特徴

大規模な工場では、その製造過程では排ガスが産出する恐れがあり、それをそのまま自然界に放出すると環境汚染の一因になります。環境汚染の問題は深刻で様々な生物などの生存を脅かす存在になることも必須で、人間にとっても健康被害を与えてしまう懸念が生じます。こうした排ガス対策に有効となるのがスクラバーの存在で、排ガスなどの有害物質を含んだガスを清浄化することで、自然界に放出できるまでクリーンの状態にできる装置です。その仕組みには吸着・水洗浄を始め、薬液中和などを行うことでクリーンさを実現します。

効果的なスクラバーは、排ガスや有害物質の種類を押さえる必要があり、その種類に最適な方法で実現することが重要です。例えば化学工場では、強い臭気をもたらす有機溶剤が主に利用され、この物質は従業員のみならず近隣の人々の健康被害をもたらします。他にもゴム製品工場などでは粉塵などが発生することも予測され、そういったものを人間が吸い込めば健康被害に発展することは言うまでもないです。スクラバーでは水の膜による100%気液接触による方法が主流になっており、これにより臭気や粉塵の問題が解決できます。

もちろん有害物質を除去する上でも効果的に働くことは言うまでもないでしょう。この水の膜形成による方法のスクラバーについては、高性能な散気装置を兼ね備えております。水の膜形成によるスクラバーの優れた点は、有害物質を逃さずに清浄にすることができる点です。それ以外にも循環水を利用しますが長期使用を可能とし、効率的に除去を行うことができるメリットまで存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です