非常に効率のいい散気管
2020年10月24日

様々なスクラバーの特徴

スクラバーには種類があって、例えばデオライザーというものは水膜で粉塵や臭気を除去する仕組みです。アクアブラスターが内蔵されているため水の腐敗も防がれます。一般的なスクラバーでは、処理水において汚泥が発生し臭いが生じたり虫がわいたりします。アクアブラスターは汚泥の発生を抑制することもできるでしょう。

堆肥処理をする装置における排ガスまた漢方薬における臭気にもデオライザーは対応しています。さらにアンモニアガスの濃度を100~1ppmに抑えることも可能です。まさに滝のような水膜で粉塵を集めるダストフォールというスクラバーもあります。その水膜で微細な粉塵をキャッチすることが可能です。

この装置にもアクアブラスターが付いています。自動車工場から出る鋳造排ガスをダストフォールで処理することもできます。鋳造の過程で生じるその粉塵が混じった排ガスを効率的に処理できるでしょう。船からの排ガスも問題です。

毒性が強い硫黄酸化物SOxを取り除けるスクラバーはあります。この装置には水を用いる湿式と用いない乾式があります。水に溶けて酸性雨の原因になるSOxですが、水に溶けやすいゆえ湿式で除去しやすいです。このタイプは乾式と違い脱硫剤というフィルターを交換する必要がないといったメリットもあります。

湿式タイプにはオープンループ式やクローズドループ式また2つを組み合わせたハイブリッド式がありますから、ニーズに合わせて使い分けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です