非常に効率のいい散気管
2020年11月3日

散気管を効果的に利用するには

観賞用に熱帯魚や金魚などを飼育していると言う人も多いものですが、その際に水中に酸素を送り込むときに利用するものが散気管と呼ばれるものです。これには様々な種類があり、最適なものを選ぶことが効果的に熱帯魚や金魚を飼育することにつながるのでその選び方には十分に注意をしなければなりません。散気管の中には様々なものがあり、一定時間内に水中に放出することができる酸素の量もそれぞれ異なります。そのため対象の魚にとって最適な酸素量を選ぶことが非常に重要であり、これを誤ると酸素が少なかったり、逆に多すぎることで魚の健康状態に影響を与えてしまうことがあるため注意をすることが必要です。

これまで、熱帯魚以外の魚の飼育には水中ポンプなどを利用する必要がないと考えられていた面もあります。しかしより良い健康状態を保つためには水中の酸素量を最適にしてあげることが必要となっており、特に自然界とは異なり狭い範囲で飼育をしなければならない水槽の場合には急激に酸素が不足する状態となることも少なくありません。そのため効果的に適量の酸素を水槽内に送り込み、魚が生息する際に必要な量を常に確保しておくことが重要なポイントとなります。散気管は水中ポンプから効率的に酸素を送り込むために非常に重要な役割を果たすものですが、種類によって一定時間に放出をすることができる酸素量に違いがあるため、魚の種類やその環境によって最適なものを選ぶことが非常に重要なポイントとなっています。

この点を十分に意識して選ぶことが、効果的な散気管の選び方です。散気管散気管のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です