非常に効率のいい散気管
2020年11月6日

散気管の大事な仕事

魚などをペットにして飼っている人は多いと思いますが、その中で水槽に沈んでいる物が散気管です。散気管は液体中にガスを放出する管のことであり、パイプにメッシュを取り付けた構造が一般的で吐気部分の素材は超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどを使っていて、気泡を細くして酸素溶解効率を高めているのです。気泡を細かくすることによって、魚はより多くの新鮮な酸素を取り入れることができるのです。気泡を細かくすることとは別の意味もあり、泳いでる魚に対して抵抗を最小限に抑えることもできます。

気泡が大きいと空気は上に上がる傾向にあますので、前進している魚にとっては邪魔な存在になってきてしまうのです。散気管は、これまでの水処理の常識を覆した散気装置アクアブラスターがあり、激しい水流で省エネ酸素溶解も可能にしました。高い酸素溶解効率と強力な対流撹拌を両立していますので、最新の技術を詰め込んだのが散気管装置です。電気消費量や汚泥の現象と悪臭防止にもとても効果があり、この技術は家庭用の浄水器にも使用されています。

細かい泡を発生させることで、悪臭防止や中に含まれている汚泥やカルキなどを効果的に減少させることもできるのです。気泡を発生させて必要でないものをろ過する機能はこれからの未来にとても大事な事です。ろ過機能だけではなく、ペットにとっても酸素を取り込むいい技術になっているのです。きれいな水を作っていくためにも大切にしていきましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です