非常に効率のいい散気管
2020年11月12日

散気管を活用することで廃水を綺麗にする

散気管を活用することで工業廃水を綺麗に洗浄することができます。日常的に大量の廃水を排出する工場では、近隣の河川敷に多くの量の排水を流すものです。廃水に気泡が含まれた状態で排水してしまうと、川面に泡が浮いてしまい、近隣の住人からクレームが来るものです。綺麗な川が廃水に含まれる気泡により汚れてしまうのは、工場の営業に悪影響を与えるのです。

散気管を使うことは、油分を分解する効能もあります。廃水に含まれる油分を微細なサイズに分解することで、川に生息する微生物が捕食することが可能になります。油が表面に浮いて異臭を立ち込めることもなく、川魚の繁殖も良好になっていくのです。ディフューザーを使っていた工場では、散気管に交換することで、電力消費量が大きく削減するようにもなります。

ディスク型ディフューザーを使っていたことにより、最大で半分に至るまで電力量を減らせたデータも存在しています。工場を営む以上は、近隣住民からのクレームを受けないことと、環境基準に適合した廃水を心がけることが大切になります。既設槽に設置することにより、工業廃水を綺麗な形に変えられるのです。気泡が含まれることなく油分が混ざることのない、綺麗な工業廃水であれば、工場の運営も問題なく営めるようになるものです。

見た目だけではなく、臭いの部分も解消されていきます。散気管によっては、汚泥を取り除いていくことも可能です。綺麗な工業廃水により、工場運営を安定して行えるようになるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です