非常に効率のいい散気管
2020年11月15日

汚水を浄化させる役目がある散気管

水槽で金魚や熱帯魚を飼う時に、水槽内の水が劣化したり水の中にある酸素が不足しないよう、空気を網の目状のフィルターを挟んで送っています。このように液体内に空気を送っているものが散気管です。空気を細かくして送ることで、液体内に溶け込みやすくしているもので、家庭での水槽などの他に工場などの幅広い分野です使用されています。工場などで使用されている散気管にはさまざまなようとがあり、その中に汚水の浄化があります。

工場で製品を製作する段階で汚水が発生し、この中には人や自然に有害な二酸化炭素などの成分が含まれていて、そのまま海や川に流すと公害などを発生させる恐れがあり、そのため有害物質を取り除き浄化させることが必要で、その役目を散気管は行なっていています。有害物質の中にはたくさんの微生物が生きていて、これが活発に活動すれば有害な成分を取り込んでなくすことができるので、汚水に空気を細かくして送ることで、微生物の動きを活発にして汚水を浄化させています。散気管を使用している施設は工場以外にもたくさんあります。たくさんの料理を作る給食センターでは食器を洗浄した水や残飯が含まれている汚水を浄化させたり、一般家庭で使用されている浄化槽などでも使われています。

最近は空気を送るだけでなく、汚水を攪拌させる機能のあるものなど浄化作用を増大させているものもあるので、導入する際は装置の機能や信頼できるメーカーであることを調べることが大切です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です