非常に効率のいい散気管
2020年11月18日

散気管で工業廃水を綺麗にする

散気管を用いることにより、工場排水を環境基準に照らし合わせたレベルに浄化することが可能となります。日常的に多くの工業廃水を排出する工場では、周辺の河川敷を汚してしまうことも多いのです。工場から排出された廃水が川面に気泡を作ってしまうのは、イメージ的にも良くないものです。近くの住人からのクレームや、環境対策が行き届いていないなどの指導を受けてしまうことにも繋がります。

酸素溶解力の高い散気管を使うことにより、川に流しても気泡を作ることはなくなります。環境に優しい工業廃水へと変えていけるのです。ディフューザーを使っている工場では、散気管を使うことで大きく電力消費が削減されます。ディスク型ディフューザーと比較した数値には、最大で半分程度まで電力消費が下がったとのデータもあるほどです。

工業廃水を川に流す際には、多くの油分を含んでいるケースも多いものです。散気管を使って油分を分解すれば、微生物が捕食できるレベルまで微細化することができるのです。水面下にいる魚にも悪い影響がでなくなり、環境に優しい廃水に変えていけます。油分を垂れ流していると、水面に油が浮いてしまうものです。

見た目が悪いだけではなく、環境基準にも適していません。近隣住民からのクレームも来ることでしょう。散気管には、汚泥を削減する機能もあります。泥が沈殿しないように、排水前に濾過処理を行なっておくのです。

散気を通じて、悪臭と汚れのない、綺麗な廃水へと仕上げていけるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です