非常に効率のいい散気管
2020年12月3日

散気管を選ぶ時の条件

散気管は液体の中に酸素を送り込むために使われます。身近なものとしては水槽の中で細かな泡を出す装置です。汚泥などを含む排水は、そのまま沈殿に頼っているようではきれいになるまでに時間がかかります。そんな中で微細な泡を出して攪拌することで、酸素を溶解し清浄効果が期待できます。

散気管の性能はいかに効率よく細かな泡を供給できるかと言う点です。泡を細かくするとそれだけ出にくくなり、効率が悪くなります。効率を良くするために泡を大きくすると、効果が低くなってしまいます。それぞれの割合をうまく調整して、最も良い状態にしなければいけません。

泡を細かくする理由は、液体への溶解率を高めるためになります。元々酸素が液体に溶け込むことは簡単には起きません。細かくすることでスムーズに溶け込むことができるので、小さければ小さいほど良いと言うことになります。大きな泡は上昇する速度が速いためすぐに空気中に排出されてしまいます。

細かな話なら抵抗を受けるためゆっくりと上がっていくので、その間に溶け込むことが可能です。散気管は範囲も性能に含まれます。広い範囲で泡を攪拌できれば溶解率が高くなります。ただし管自体が長くなれば、ムラができてしまいます。

広い範囲で均一な排出をすることは難しく、いくつかの散気管を設置しなければいけません。できる限り少ない数で広範囲を処理できることが求められます。広範囲で多くの微細の泡を排出できることが散気管にもとまられます。散気管のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です