非常に効率のいい散気管
2020年12月9日

散気管による処理システムでコスト削減

食品加工工場やホテルの厨房や弁当工場などで大量に水処理を必要とする業務では、油やシミが機械にこびりついたり悪臭が発生するなど様々な弊害があります。そこでおすすめしたいのが、散気管による処理システムでエアレーションとバイオを点滴することで下水放流基準値以下まで処理できるだけでなく、腐敗臭の発生を防げます。また加圧浮上や活性汚泥を使用することなく誰でも運転ができて、水槽の清掃もほとんど必要がないのでメンテナンス費用を大幅に節約することができます。また散気管処理システムを使うと鉱物油が混ざっていて真っ黒の水もきれいに浄化されて、硫化水素などの悪臭もなくなります。

それから散気管による処理を行うと循環水の寿命が長くなり、ボディの水シミ除去や清掃が楽になりシャワーノズルが閉塞しにくくなります。エアレーションとスクラバーを使った散気管は圧倒的な酸素溶解力を誇り、圧力損失がないのでディフューザーと比べて消費電力が下がり、省エネ効果に優れています。さらに油分微生物が捕食しやすい大きさに粉砕しますので汚泥が削減されて、微生物に完全酸素呼吸の代謝を行わせるので悪臭が出ないので作業も楽になります。そして底部のスラッジを巻き上げて堆積を防ぎ槽内を強烈に撹拌することで嫌気部を失くし、シリカやカルシウムなどの沈降を防げます。

排水槽に設置することで、高速で高効率な分解浄化を可能にし消費電力の大幅な削減が実現します。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です