非常に効率のいい散気管
2020年12月15日

散気管は浄化槽に欠かせない重要なパーツです

浄化槽の中で汚水の水質を改善するためには、バクテリアの働きを活性化させる必要があります。バクテリアも生物の一種ですので、基本的に活動には空気中の酸素が必要となります。一部には嫌気性のものもありますが、通常の浄化槽で水質改善のために働くバクテリアは好気性ですので、豊富で新鮮な酸素を含む空気を絶え間なく送り込むことが重要です。底の方や側面から泡状の空気が放出されている状態を見たことのある方も多いと考えられますが、そのパーツや空気を送り込むシステム全体を総称して散気管と呼ぶことがあります。

この散気管の性能によって、浄化槽の水質改善能力を大きく左右することとなりますから、導入にあたっては散気管のことをよく知っている専門の会社に設置を依頼することが望ましいものです。水質の汚染は大気汚染と同じように大きな社会問題となったことがあり、周辺に深刻な環境問題、いわゆる郊外の原因となることもしばしば見られます。また悪臭の発生源となるなど、地域住民に迷惑となるおそれもあります。排水を適切に浄化槽で処理をすることは、大変重要なプロセスとなりますので、その過程で使用される散気管は性能を左右するとも言えるパーツと言えます。

設計や設置、運用開始後のメンテナンスなど、総合的にサポートが受けられる専門の会社に依頼をして、間違いのない散気管選びを行いましょう。情報に関して豊富に集められているウェブサイトがありますので、そちらをチェックすると良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です