非常に効率のいい散気管
2020年12月21日

水槽で散気管を使用しなかった場合

水槽は水草などを活用したレイアウトだけでなく、淡水魚飼育や海水魚飼育など魚を育てる事も出来ます。水中環境は飼育している魚の種類などによっても、しっかり整える事がポイントです。その中で散気管の使用があり、エアレーションによって酸素を供給する方法があります。ただし中には散気管を使用せずに酸素の供給を、水草だけで十分と考える場合も多いです。

確かに水槽の大きさや飼育している魚の量などによっては、水草から排出される酸素だけでも十分補充できる事もあります。ただし酸素が足らない状態にも関わらず、散気管を使用せずに放置しておく事で水中環境も大きく影響してきます。水草だけで酸素の供給が不十分な場合、飼育している魚の健康状態が悪化したり成長に大きく影響が出てくるので重要です。水草なども成長が悪くなり、水中環境自体が悪化する事に繋がります。

水中の浄化を行うためには硝化バクテリアの働きが重要ですが、活性化するためには酸素を大量に必要とします。酸素が不十分だと硝化バクテリアは活動しなくなり、結果として水中浄化は行われず汚れた状態になります。濁っている水中環境は魚にも水草にも悪影響となり、やはりより環境づくりには酸素が必要不可欠です。水槽で水草や魚を飼育するのであれば、しっかりと酸素供給のための散気管の使用は重要と言えます。

大きさや泡の大きさや排出量など商品によって異なるので、水槽環境に十分な酸素を供給できるだけの商品を使用する事が大切と言えます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です