非常に効率のいい散気管
2021年1月6日

散気管を用いる企業が多い理由

散気管は水中に酸素などのガスを放出することができる装置であり、吐気部分にメンブレンチューブや超分子量オレフィン系樹脂などを用いることによって、微細な気泡を放出することができます。浄水場や水処理場、工場や養殖場などで利用すると、循環水や廃水を綺麗にすることが可能です。酸素溶存濃度を高めることによってバクテリアの好奇呼吸を活性化し、これによって汚れを分解する効果を期待することができます。微細な気泡が上昇や収縮を繰り返す過程で汚れを吸着して取り除く効果も期待できるので、水質を改善することができるでしょう。

水処理や水質改善を行う方法は1つだけではありませんが、多くの企業は散気管を導入しています。その理由には、設置の簡単さをあげることができるはずです。古くに開発されたものの中には導入が大変なものもありましたが、現在販売されているものは短時間で簡単に取りつけられるものばかりなので非常に便利だと言えます。嬉しいことに、フィルターが目詰まりを起こしにくいものが増えているので、メンテナンスが少なくて済み、装置の性能を維持するために労働力やお金を使うことが少ないです。

近年では高性能な散気管が数多く登場しており、マイクロナノバブルやナノバブルが放出できる装置も増えています。放出される泡が小さいほどより大きな効果を期待することができるので、性能の向上を認めて採用する企業も増えていることを知っておくと良いです。散気管を用いることによって、簡単に水処理能力を向上させたり水質をしっかり改善したりできるようにしておくことをおすすめします。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です