非常に効率のいい散気管
2021年1月12日

散気管を利用するメリット

散気管は液体中にガスを放出するための装置であり、身近なものとしては水槽用のエアレータが有名です。金魚や熱帯魚などの魚やその他の水生生物を飼育する際に活用する人も多いですが、これは工業用にも活用することができることを知っておきましょう。浄化槽や生物反応層、化学反応層などの曝気として用いられることが多いと言えます。パイプにメッシュを取りつけた構造の散気管は微細化した気泡を水中に放出することができ、酸素溶解効率を高めることなどで水処理を行っているケースがほとんどです。

水処理がきちんと行われていなければ、水質が汚濁してしまい、工場などで出た水をそのまま処理することができないという問題が発生しますし、そこに水生生物が棲んでいたり養殖していたりする場合は生物に悪い影響を与えかねません。近頃は販売される散気管の種類が多様化しており、優れた性能を持っているものを活用することができるようになっています。従来のものは目詰まりが起こりやすいことが問題になることもありましたが、今では手入れ回数が少なくても目詰まりが起こりにくいものも多いです。気泡の発生方法を変えることでより微細な気泡を生み出すことができる装置も増えており、これを利用することで水処理効率を上げることもできます。

優れた性能の散気管がたくさんあるので、排出する水の処理を行いたい場合や、養殖場の水を清潔な状態に保ちたいと考えている場合などは積極的に利用してみると良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です