非常に効率のいい散気管
2021年1月15日

浄化槽の散気管を選ぶ場合の重要なポイント

汚水をそのまま放流することは深刻な環境破壊につながるために、浄化槽で適切な処理を行うことが必要となります。浄化槽は、汚水の中に生息するバクテリアの力によって汚染物質を分解する仕組みですので、正常にバクテリアが活動できるような環境を整えておくことが求められます。そのためにも水中に空気を送り込むことが必須であり、好気性のバクテリアを活性化させるためには散気管からの空気の供給が絶えることなく継続していくことが望ましい環境です。酸欠の状態に陥ってしまうと浄化性能は極端に下がってしまい、汚染物質の濃度が高まったり悪臭が発生したりと、環境への負荷が大きくかかりますので、信頼性の高い散気管が設置されていることがきわめて重要です。

散気管は、基本的に設置後はストップすることなく動き続ける装置となりますので、長期間にわたって故障することなく動作が続けられる高い品質のものであることがポイントです。設置してからすぐに故障するなど、信頼性の低い製品は好ましいものではありませんので、必ず施工実績が豊富で評価の高い会社のリリースしている散気管を導入するようにしましょう。メンテナンスについても、責任を持って取り扱ってくれる施工会社を選ぶことが重要です。散気管は地味なように見えて、快適な生活環境をしっかりと守るために欠かせない重要な装置です。

施工から管理まで、しっかりと対応してくれる信頼性のある会社へ相談することがベストです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です