非常に効率のいい散気管
2021年1月21日

散気管を利用すれば水質を改善することができる

散気管を利用するのであれば、水質を改善することができます。この装置について全く知らない、名前は聞いたことがあるけれど具体的な特徴を知らないという場合は、詳細な情報を知ることから始めると良いでしょう。散気管は水の中で気泡を放出することができる装置であり、家庭や企業で用いられています。家庭用としては水槽に使用するエアーポンプが有名ですが、企業ではもっと大きなものが利用されていることを知っておくと良いです。

パイプにメッシュを取りつけている構造になっているものが多く、酸素を放出する部分には微細な気泡をつくるために超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどが使用されています。この装置を利用すると水の中に微細な酸素を滞留させることができ、その結果として水質を改善することが可能です。気泡が上昇したり収縮したりするときに汚れを吸着させることができますし、酸素溶存濃度がアップすることで水中に存在しているバクテリアを活性化してクリーンな水にすることもできます。散気管は多くの企業でも導入されており、工場の廃水を浄化するため、研究施設の化学反応層や生物反応層に使用するため、養殖場の水環境を整えるためなどに利用されることも多いです。

導入方法もとても簡単であり、近頃は簡単に設置できてお手入れ回数が少なくて良いものも多いので、安心して利用を開始することができます。水質改善を行う必要がある場合は、散気管を活用する方法を検討してみると良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です