非常に効率のいい散気管
2021年2月3日

散気管の特長・メリット

散気管とは、液体の中にガスを放出する時に使う管(パイプ)のことです。比較的身近なものには、水生生物を飼育する水槽に入れるエアレーターが挙げられます。水生生物の飼育水槽に使うエアレーターでは、水の中に酸素を入れています。構造は、メッシュを取り付けたタイプが一般的です。

ガスが出る吐気部分には、超分子量オレフィン系樹脂、またはメンブレンチューブなどを使うことが多いとされます。この素材により気泡が細かくなるため、液体の中で酸素が溶解する際の効率が上がります。また、他にもいくつかの特長が存在します。それは、液体の逆流が起きにくいこと・取り付けが簡単なこと・浮力が小さいことなどです。

他にも、耐食性に優れている点や、長期運転を考慮した設計になっている点もメリットに挙がります。液体の逆流はスリットが目詰まりを起こす原因になるため、逆流しにくいのはトラブル防止につながります。取付の簡易性は施工費削減につながり、コストの面でメリットがあります。浮力は固定に関わるもので、浮力が小さい場合は槽の底に固定する施工および作業が不要となります。

メンテナンスについてもメンブレンの交換のみで済むため、全体的な扱いやすさに優れています。豊富なメリットを持つことから、散気管は産業排水処理・下水処理・水産養殖など幅広く用いられています。液体にガスを放出する作業を行なう時には、長期的にコストや手間の面でメリットがある散気管を使用しましょう。散気管のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です