非常に効率のいい散気管
2021年2月15日

散気管の仕組みと役割

生活を送る中で、私達は様々なものを購入し使用します。そのことによって私達は、快適な生活を送ることができる訳ですが、忘れてはならないことにその後に私達は色々なものを廃棄するということです。廃棄するものにはさまざまなものが存在します。家電品などもありますし、新聞や雑誌などもあります。

また食事をした後の廃棄物というのもある訳です。残飯や和みなどもそうです。このように私たちは生活の中での様々の廃棄物を出していく訳ですが、その中でも特に環境に大きな影響を与えるものに、生ごみなどの生活廃液というものがあります。多くの場合、有機物を含んでいますので、それを効率よく処理しなければ私たちはこのような廃棄物の中で埋まってしまうことになるわけです。

水分を多く含んだ有機物を含む廃棄物などは、すぐに腐敗してしまうということがあります。このように腐敗してしまうと悪臭を放ったり、体によくない成分ができたりします。また、様々な害虫などが発生するということの元になったりもします。その様なことから、このような水分と有機物を含んだ廃棄物の処理というのは大きな問題となってきます。

そのような際は、現在活性汚泥などを用いた処理法が用いられます。これは細菌を利用して有機物を含んだ廃液を分解するというものです。その際に利用されるのが散気管です。散気管とは、有機物を含んだ廃液の中に空気を通すことによって廃液の中の酸素濃度を上げて好気性細菌の活動を活発にさせ、有機物を完全に分解してしまうというものです。

もし様々がなければ、廃液の中は嫌気性の条件になってしまい、腐敗と同じようなことが起きてしまいます。この様に散気管は、完全に有機物を分解するためには大変重要な役割を持っています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です