非常に効率のいい散気管
2021年2月18日

散気管を利用する利点について

環境を汚染の大きな要因として知られるものに、家庭廃液による汚染があります。家庭からの排水は有機物を多く含んだものがあり、それが腐敗することによって悪臭を放ったり有害物質が発生したり、さらには害虫などを養生したりするということが知られています。このように環境汚染の主なものとして考えられる、生活廃液を浄化するためにはいくつかの方法がありますが、エネルギーやコストの観点から多くのものは実用化は難しいものとなっています。その中で、実用化されたものとして細菌を使った有機物分解があります。

活性汚泥などを用いて、有機物を二酸化炭素と水の段階まで完全に分解するという方法をとられるわけです。しかしこの反応はどのような条件でも起きるかというとそういうわけでもなく、条件を揃える必要があります。まず何が必要かというと、酸素濃度が高い状況にするということです。このような状況にすることで好気性細菌が十分に働き、有機物を二酸化炭素と水にまで完全に分解します。

この酸素濃度の高い状況を実現するために色々な工夫がされている訳ですが、その一つに散気管を用いた方法があります。散気管とは、パイプなどの側面に穴を開けたものです。そのパイプに空気を通すことによって泡を廃液中に噴出させ、廃液の酸素濃度を上げようというものです。散気管を用いる方法の利点としては、大きなエネルギーやコストをかけることなく、好気性の条件を実現することができるという点です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です