非常に効率のいい散気管
2021年2月24日

散気管の設置で工業廃水を綺麗に変える

散気管を設置することにより、工場から排出される廃水のろ過が可能になります。長きに亘って工場を運営するためには、環境基準に抵触しないことは勿論、近隣の住環境との調和を保つことが大切です。散気管を設置することで、廃水を放流する際の酸素濃度を軽減することが可能となります。水分中に過度の酸素が含まれていると、微生物の活動を鈍らせていくことに繋がります。

水中の微生物の動きが鈍くなってしまうことは、悪臭の原因でもある硫化水素を増幅させる原因にもなります。工場から廃水を排出する際に散気管を用いることで、悪臭を漂わせることのない、綺麗な廃水へと変えていけるのです。昔から営む工場では、ディフューザーを用いた排水設備を備えるところも多いものです。旧型の排水設備であるディフューザーは、水中の酸素の溶解機能が低いだけではなく、過度の電力消費も伴うものです。

散気管を活用することは、水中の酸素濃度を効率的に下げるだけではなく、省エネ効果の面でも効果があるのです。綺麗な川を維持するためには、悪臭の原因である硫化水素の増幅を防ぐだけでは足りないものです。川底に汚泥が沈殿しないことにも気を付ける必要があります。汚泥が川底に沈殿する原因は、水分中に含まれる油脂を微生物が捕食できないことにあります。

散気管を排出時に利用すれば、微生物が捕食できるサイズにまで油脂を分解していくことが可能となります。排水設備を見直すことで、悪臭のない綺麗な水面を維持できるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です