非常に効率のいい散気管
2021年3月3日

散気管の使用で気化熱による水温調整が可能

水槽は多くの人が楽しむ事ができる趣味の1つであり、水草でレイアウトを楽しんだり魚を飼育したりと楽しみ方は多いです。そんな水槽に欠かせないアイテムの1つに散気管があり、エアレーションやエアストーンで活用することになります。エアレーションやエアストーン自体は水槽内の酸素濃度を一定に保つことができ、効果としては多くの人が把握している内容です。ただし散気管の使用によって得られる効果はとても多く、その中の1つに水温調整があります。

水槽で飼育する水草や魚にとって、水中の温度が急激に変化することはストレスであり健康を保つことが難しくなります。そのため冬場や夏場など気温が急激に寒くなったり高くなる場合は、水温もしっかりチェックし安定した状態に保つ事が大切です。夏場などは何もしなくても水温が高くなってしまうので、水温を高くなりすぎないようにする方法として散気管の使用が有効的です。散気管は水中に酸素を排出するだけでなく、泡は自然と上に移動して水面で破裂します。

その際に気化熱現象が起こり、水中の温度も一緒に蒸発させる効果が得られるのがポイントです。急激な水温変化を起こすわけではありませんが、高くなりすぎないように安定して気化熱を引き起こし高温になる事を防ぐ事が出来ます。夏場であれば太陽に直接当てないようにしたり、クーラーのある部屋に設置するなどの方法なども有効的です。ただしより手軽に行える温度調整であれば、散気管の活用が手軽であり有効的となります。

散気管のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です