非常に効率のいい散気管
2021年3月21日

水処理には散気管が重要

水処理を行うのであれば、高品質な散気管を用いることが大切だと言えます。これは液体中にガスを放出するための管であり、家庭では金魚や熱帯魚を飼育するときに使用するエアレータを用いることが多いです。事業などで使用する場合はより大きく、効果的にガスを放出することができるものが便利だと言えます。水の中に放出される気泡が小さければ小さいほど、ガスが水に上手く溶け込んでくれるので、効果的に水処理を行うことが可能です。

酸素を放出するときに微細な気泡が放出できるタイプを選択すれば、溶存酸素濃度が向上します。水中に酸素が上手く溶け込むことによって有機物を含んだスラッジが細かく粉砕され、微生物が捕食しやすい大きさになるので分解効率がアップするでしょう。優れた散気管を用いることができれば、微生物が酸素呼吸による代謝を行うようになります。そのため、硫化水素などによる悪臭が発生せず、水処理場付近で悪臭が漂ってしまうという問題を防ぐことができるでしょう。

微弱な力の散気管を使用するとスラッジが一部に溜まってきちんと分解されないこともありますが、規模に合ったパワフルなものを採用することができれば全体をしっかり拡販することができ、広い範囲の水処理も完璧にこなすことができるようになります。水処理を行う必要がある場合は、その施設に合ったクオリティの散気管を用い、確実に効果が得られるようにしておくことが大切だと言えるでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です