非常に効率のいい散気管
2021年3月24日

散気管とはどのようなものなのか

散気管とはいったい何か知っていますか。散気管とは、製造業界にとって必要不可欠な設備です。さまざまな場所で使われており、新たに開発され製品の質の向上を続けています。どのように使われるかというと、水を浄化する装置の一部として使われています。

例えば、工場で発生した汚水を貯水槽に流して、そこに住む微生物が汚れを分解して綺麗にしてくれる際、微生物に必要な酸素を供給する管が散気管です。我が国では、高度成長期で公害が多数発生した過去があります。特に四大公害のうちの一つである、水俣病は工場排水中の有機水銀が原因で起こったとされています。その反省を生かして環境基準法が制定されました。

その中に水質汚濁の基準があり、その基準を満たして排水しなければならなくなりました。それに加えて、水質汚濁防止法という法律も制定されました。水を浄化することは、汚水を排水する上でしなければならない処置であり、散気管は水の浄化をする上で欠かすことのできない設備だということです。しかし、メンテナンスを怠れば当然トラブルが発生します。

よく起こるトラブルは、目づまりです。これは、先端部分に汚れが付着することで起きることです。さらに、汚れが逆流して内部に入ってしまうこともあるようです。散気管は公害という過去のあやまちを繰り返さないようにする為に重要な役割をなしているということです。

私たちが安心して綺麗な水を使うことができることに感謝しましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です