プラスチック射出成形のメリット

プラスチックの加工は、基本的に溶かして固めるという形式をとります。数ある加工方法の中でもよく知られている方法が、射出成形と呼ばれるものです。これは溶かしたプラスチックを注射器のようなシリンジによって金型に押し込むという方法となります。製品が固まり次第、プラスチックの製品を取り出すのです。

射出成形は肉厚のものから薄い形状の製品にまで適用することが出来ます。しかも大量生産にも向いているので、試作品づくりに最適です。この方法は現在、スマートフォンのケースや電子製品の筐体、プラモデルにも使用されています。この方法を活用した製品を作りたいときには、試作品製造会社や製作所・加工会社などに問い合わせをすることが大切です。

射出成形のプロセスは難しいものではありません。まず加熱シリンダ内にプラスチックを入れ200度から300度に加熱します。この時投入するプラスチックは、粒状のペレットというものが使用され溶かしやすく加工されている点が特徴です。その後、水あめのように溶けたプラスチックはシリンジによって圧力を加えられたまま金型に注入されます。

この時の様子を指して、射出成形という言葉が生まれたのです。その後はプラスチックを冷却し、金型を開いて取り出します。射出成形はこのようにシンプルな方法で大量生産にも最適です。ですが、作業員は温度や圧力の管理などをする必要があります。

さらに、プラスチックの量や注入速度などにも配慮が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*