進化する切削加工の技術と方法

加工技術の方法には様々な方法があり、工具を使って金属の材料を削る方法は切削加工と呼ばれています。日本は昔から工業分野が強く、海外で高い評価を受けている工作機械メーカーも多いです。最近は工作機械のデジタル化が進み、切削加工でも作業員の負担が減っています。熱や振動は加工の精度に様々な影響を及ぼしますが、設計段階で工夫すれば影響を最小限に抑えられます。

切削加工では、工作対象物と工具が触れ合うため抵抗が生まれます。穴を変える加工ではドリルの種類や対象物の材質、回転速度によって抵抗の値が変わります。抵抗による影響を踏まえて加工方法を検討すれば、効率と品質を追求できます。切削加工の現場では、作業効率と品質管理が大切な課題になっています。

速度が上がると効率も向上しますが、抵抗も増して熱変形のリスクが高くなります。加工の現場では精度や速度に加えて、工具の寿命も重要な課題です。加工時に工具と工作対象物が触れると温度が上昇し、工具の耐久性や加工精度に影響します。加工面積が大きくなると摩擦も大きくなるので、温度が上がります。

温度管理では、摩擦を減らす切削油が重要な役割を担っています。切削油は、加工時に発生した熱を冷まして削り屑を祓い流します。日本では国も企業も環境保護に力を入れているため、現在は水溶性が主流になっています。切削加工は、大きく分けて2種類の方式に分類されます。

工作物が回転する旋削加工では、旋盤加工が広く知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*