電車車両を生み出す切削加工について

日本全国47都道府県のすべてで、電車の路線が存在をしています。1860年に東京・新橋と横浜を結んだのが日本最初の電車であり、公共交通の代表格ともいえるでしょう。どなたでも一度は乗車を経験しており、気軽に利用ができるのがメリットともいえます。地下鉄などを利用する際、さまざまな色に塗装をされた車両に乗り込みます。

色は異なっていても基本的には同じ形状の箱型車両となるのが特徴です。日本では電車の大きさは規格化をされており、線路の幅に合わせないといけません。この車両を生産する企業では、メーカーは異なっていても同じ切削加工を用いて金属素材をカットするのが特徴です。その切削加工に使用されるのが産業用レーザー装置とCADです。

簡単に現在の切削加工について見ていくことにしましょう。1980年代後半までは、工場現場の職人が手作業でカットをされていました。使用する道具はバーナーとグラインダーの2つで、細かい指示がないため職人の腕にかかっていたわけです。この影響で線路の大きさ・幅に合わないものも多く、1990年に運輸省で規格化がなされるに至りました。

現在使用する産業用レーザー装置は完全なオートメーション化をなされており、設計図であるCADによって制御をされているのがポイントです。そのため切削加工は今では工場内ですべて無人で実施をされており、指定された寸法通りの鉄板素材を使用して電車は作られていくようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*