射出成形の仕組みと構造

プラスチックは生活に利便性を与えてくれる素材であり、軽量でありながら強度があることから、数多くの用途で使われるようになりました。その特徴はあらゆる形状に対応できる点であり、薄く引き伸ばされてもその耐久性が失われないことから、飲料水の容器で盛んに利用されています。このプラスチックを作り出すのが射出成形であり、この技術は近代になって発明されたものです。プラスチックの原料は原油を精製したものであり、今は他に代替できる素材が見つかっていますが、今でも主原料は変わっていません。

この材料を粒にしたものをペレットといいますが、このペレットは加熱すると液状化するので、その液状化したものを特定の形状に加工した金型に流し込み、温度を下げることで固体化させてプラスチック製品になります。ペレットには種類があって加熱する温度は異なりますが、その仕組みについては基本的に違いはありません。プラスチックを製造する金型は構造は同じになっていますが、飲料水用のペットボトルを製造する場合はその仕組みが異なります。それはペットボトルの形状が一般的な金型では中身部分の部品が抜けなくなってしまうからであり、この場合の射出成形は中心部分に圧縮した空気を送り込み、溶けたペレットを外壁部分に付着させることで作り出しています。

射出成形は原材料に石油を使わない新素材が開発されたことで、この新素材を使ったプラスチックの生産が求められるようになりました。今は自然に分解できない石油を原料にしたものよりも、植物などの自然に還元できるプラスチックの製造が求められるようになったことから、今までの射出成形とは違う構造を持った機器が登場するでしょう。射出成形のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*