射出成形による製品加工

射出成形は、主としてプラスチック製品の作成に用いられる方法です。プラスチックは私たちの身の回りのあらゆるところに数多く用いられており、電化製品の外装・食器・文房具・日用品・飲料等の容器類など、周りを見渡して全く見つけられないというようなことはちょっと考えられません。これらプラスチック製品はどのようにして工場で作られているのかと言えば、その多くは射出成形によっています。プラスチックは常温では固体で、固体だからこそ上に書いたように様々な用途で広く用いられているわけですが、実は高温にすると溶けて柔らかくなり、流動性を持った液体状になる性質があります。

この性質こそ射出成形にお誂え向きというか、高温にして液状になったプラスチックを事前に準備しておいた型枠に流し入れ、時間がたって冷えて固まったところで型枠を外して取り出すことで、目的とするプラスチック製品が完成することになります。はじめにその型さえしっかりと作っておけば、少々複雑な形でもまたそれなりに高い精度が要求されるような製品であっても、職人技のような個別の作業を必要とすることなく生産できますし、型枠を数多く用意しておけば大量生産にも向いています。素材を切ったり削ったりして製品を作るやり方とは異なって、原理的には素材の無駄が発生しない点も特徴の一つです。ただしたった一つ作りたい場合であっても型枠が必要になることや、高温にするためにエネルギーが必要なことはデメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*