樹脂製品を大量に製造するには射出成形と金型が必須

樹脂材を原材料にして商品を大量に製造するには、射出成形機があれば完成度の高い商品を作り出せます。樹脂材といっても豊富な種類があり、熱に強いタイプや衝撃に強いタイプ、完成後は硬さがかなり出るタイプなどもあり、商品に合わせて材料選びをすることで完璧になります。射出成形で物作りをするには、金型を作成する必要があり、2枚で挟み込む金型が対応しています。商品の企画から設計を済ませた段階で、金型メーカーに発注をすることが一般的な流れになりますが、今後も沢山の樹脂製商品を開発して作り出すメーカーの場合は、自社工場に多機能型の切削加工機を導入する方法もあります。

機種による違いはありますが、多機能型の切削加工機は高額な機械器具です。資金不足のメーカーでは導入することが難しいと判断することは多く、経営者は判断することに迷いが生じることも十分に予測できます。この問題は製造する商品が販売能力が高く、十分な売り上げを確保することができていれば、直ぐにではなく資金を貯めてから導入を検討する方法も選択肢としては良い判断になります。射出成形で切削加工機を必要とする理由は、金型も自社で作ることができるメリットをあげることができます。

金型は専門メーカーに発注をすると100万円以上の料金が掛かってしまうことが多いので、高額ではありますが金型を自社で作れる切削加工機があれば大きく節約をすることに成功できます。もしも金型に設計上のミスが起きてしまっても、自社内で改善した上で金型を安く作れることもメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*