プラスチック製品の製造に向いている射出成形

プラスチック製品は軽くて丈夫で、しかも比較的安く購入できることもあり様々な場所で使われています。生活に必要な日用品はもちろん、電化製品や自動車の部品などにも使われており、その形状も実に様々です。どのようにして、複雑な形のプラスチック製品が作られているのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。プラスチック製品は様々な方法で加工されていますが、射出成形もそのひとつです。

射出成形はプラスチック製品の加工で特によく使われている方法です。プラスチックとひとことに言ってもポロプロピレンやポリエチレンなど様々な材質がありますが、その多くの材質に対応できるのも良いところです。射出成形をするには、まずは金型を作っておく必要があります。金型は製品と同じ形で中は空洞です。

その空洞に熱で溶かした材質を注入し、冷やし固めることで成形していきます。射出成形の良いところは量産性に優れていることがあげられます。様々な形や大きさに対応することもできますし、美しい仕上がりなので仕上げ加工の手間も少なく済むのもメリットです。射出成形では特殊な加工をすることもあります。

インサート成形と呼ばれる方法では、あらかじめ金型にねじなどの部品を入れて、樹脂により取り込んで一体化し固定していきます。自動車部品などによく使われている方法です。プラスチッキ製品では外見に模様が付いたものもありますが、フィルムインサートという方法では金型に模様のついたフィルムをセットして、樹脂と一体化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*