これだけは押さえる!富士登山の準備

main-img

富士登山は、じつはシーズンが短いものです。


毎年7月上旬に開山し、9月頭には登山道は閉鎖されてしまいます。


ですがシーズンのあいだは、登山客が多く、行列ができたり渋滞することもあるほどなので、道に迷ったり、無意識のペースアップを避けられるという利点があります。

富士登山といえば、ご来光をおがむことが最終目的になります。夕方ころ下山口に到着し、腹ごしらえをした後、山頂に向けて夜通し歩くというのが、ご来光を見るための定番スケジュールです。

バスツアーはかなり有益な情報が揃っています。

下山口までのアクセスの良さから、普段着にスニーカーで登っている人がまれにいます。



その人たちがどうなるのかは分かりませんが、途中で富士登山を断念するか、また下山口付近で、脱水症状からかうずくまっている姿を見かけることがあります。

富士登山は非常に寒く、雨や霧対策も必要です。高山ですから酸素は薄いです。

登山を無事成功させるためには、本格的な装備が必須なのです。トレッキングシューズは岩場やジャリ道で滑らないよう、靴底がしっかりとしたものが必要です。

予算に合えば、ゴアテックスなどの防水透湿性の素材がおすすめです。山の上での体感温度はころころ変わりますから、とにかくどんな局面でも身体を冷やさないように準備しましょう。レイヤードスタイルといって、重ね着が鉄板です。

アンダーウェアは乾きにくい綿ではなく、速乾性のあるアウトドア用品を一枚購入します。



その上に前開きのシャツ、その上にフリースかウィンドブレーカー、ダウンなどを重ねます。


帽子や手袋も、防寒対策になります。

そして上下の分かれたレインウェアが、7〜8合目ころに必ず必要になります。


持ち物としては、健康保険証や免許証、コンタクト用品、下山後の温泉セット、着替えなどになります。
スポーツドリンクは1リットル以上、登山中のエネルギー補給にあめやようかん、ナッツ類などを、取りだしやすい場所に入れておきましょう。

知りたい情報

subpage01

富士山は日本が世界に誇る名山であり、世界遺産にも登録されていますが意外にも登ったことのない方もたくさんおられます。ただ一生に一度は登っておきたいと考えて登山初心者の方の挑戦も年々増えています。...

more

いまどきの旅行

subpage02

富士山は数年前に日本人の象徴として世界遺産に登録されています。それからさらに登山客が増えてきており、今まで登ったことのない初心者のひともたくさんいるようです。...

more

旅行の秘訣

subpage03

高速バスの事故が報道されると、利用を控えるべきとの論調が主流になりがちですが、価格競争が行き過ぎて安全対策がおろそかになる、ということさえなくなれば、これは不可欠な移動手段なのですから、今後も利用はさらに進んでいくものと推察されます。高速バスがなかったら、どういう代替手段があるかと考えると、まずはマイカーが挙げられます。...

more

基礎知識

subpage04

国内旅行を趣味にされている方も多いと思います。しかし幾ら旅行が好きだからと言って、一年に何度も出かけていると交通費だけでも高額になってしまうことがあります。...

more